カウンタ

COUNTER551979

学校情報

柏市立柏第一小学校
〒277-0841
千葉県柏市あけぼの1丁目7番6号
TEL:04-7143-0138
FAX:04-7146-5251
※平日の18:00~翌日7:30の間
 土曜・日曜・祝日等は
 音声ガイダンスとなります。
E-mail : dai1-e@kashiwa.ed.jp
JR常盤線・東武野田線    
柏駅西口より徒歩5分
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

リンクバナー

千葉県教育委員会 
学力向上 
家庭学習のすすめ 
柏市青少年相談員連絡協議会 
いきいき子育て広場 
ITアドバイザー家庭版 
 

お知らせ

   令和2年度 学校長 あいさつ
                         令和2年度
     柏市立柏第一小学校長 山辺 振一郎

 本年度は、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、始業式は
実施したものの臨時休業からのスタートとなり、5月27日からの分
散登校を経て、6月16日(火)、ようやく柏第一小学校の一斉登校
が始まりました。健康観察、3つの「密」の回避等、感染症対策を徹
底しつつ、充実した教育活動を展開してまいります。

 さて、連日、感染症に関することが報じられているところですが、
そのような中で、2月頃、「山川異域 風月同天」という漢詩の一部
が注目を集めました。

今回の新型コロナウイルス感染症の拡大で中国が困っている様子を
見て、日本の国際交流団体がマスクや体温計などの支援物資を送る際
に、その段ボール箱に書いてあった言葉です。日本人が1300年前
につくったと伝えられるものだそうです。意味は、

「住んでいるところは違っていても」(山川異域)

「同じ風を感じ、空には同じ月がある。
つまり、気持ちや志は共有できる」(風月同天) という
感じでしょうか。

 人や物、情報が、飛行機やインターネットで盛んに行きかい、その
スピードがどんどんはやくなる時代。情報がはやく届いたり生活が便
利になったりするなど、いいこともたくさんありますが、今回のよう
に病気がはやく広がることもあります。このように外国との結びつき
が濃密になるグローバル社会にあって、この漢詩はとても大切な心の
もち方を表していると思います。

 さて、この「山川異域 風月同天」という詩、だれが作ったので
しょう。日本人と伝えられています。大化の改新で活躍した「中大兄
皇子」(6年生で習います)の弟のお孫さんである「長屋王」或いは
その周辺の人がこの詩をつくったと伝えられています。

 「長屋王」は、当時最新の「仏教の教え」を日本に広めることを目
的として、中国からそれのできる「僧侶」を呼ぼうと考え、使者とと
もに、この詩を刺繍した、着物(袈裟)を中国に贈りました。

 この「山川異域 風月同天」のメッセージを見て、日本に来てくれ
たのが「鑑真」です。苦労して日本に来た時には目が見えなくなって
いましたが、新しい仏教の教えを伝えてくれました。

 1300年前にも、国際的な信頼関係を大切にし、崇高な目的に共
感し合えた人々がいた証拠です。これからのグローバル社会を生き抜
いていくうえで、大切な考え方です。柏一小の皆さんにも広い視野を
もって判断し、これから更に進展が予想される「グローバル社会」を
生き抜いてほしいと思います。

 この話は、令和元年度の卒業式(3月17日)にも式辞として卒業
生に紹介させていただきました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、その防止を目的とし
て臨時休業となったり外出自粛を求められたり、気持ちが内向きにな
りがちですが、教職員一同、学校教育目標にある「知性と徳性」を育
むことを目標とし、広い視野をもって日々の教育活動に取組んでまい
りたいと思います。
      令和2年6月  柏市立柏第一小学校長 山辺 振一郎

参考:yahoo!Japanニュース2020.2.25
  「新型コロナで日本から送られた『漢詩』」
  朝日新聞デジタル2020.2.10
  「日本からの支援物資に漢詩 中国が感涙「心を動かした」
  nikkei.com 2018.6.6 
  「鑑真招いた『来縁』の袈裟 唐招提寺」

  Wikipedia
 「長屋王」

 
学校長 あいさつ
                           令和元年度
                   柏市立柏第一小学校長 山辺 振一郎

 平成30年度末人事異動により、県教育庁学習指導課から柏第一小学校長として着任しました山辺 振一郎と申します。新学期、登校した子ども達の元気な様子を見て、学校現場でのやりがいを再確認するとともに、その責任の重さを痛感しました。

 先日、5月1日からの新しい元号が発表されました。「令和」です。この元号にこめられた「願い」「意味」について報道されておりましたが、その中に「一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願い」(首相官邸HP,4月1日安倍内閣総理大臣記者会見より)との内容がありました。4月3日の新聞には、元号「令和」を表す手話も報道されました。社会福祉法人「全国手話研修センター」が手話での表現の仕方を決め、2日に発表されたそうです。胸の前で片手の指先をそろえて「つぼみ」のような形にして、前に動かしながらゆっくり開く動作で、花が開いていくことがイメージされます。(4月3日読売新聞朝刊)

これらの報道に触れ、私自身は「『柏第一小学校』に学ぶ子ども達も、自分なりの目標をもって、それぞれが努力し、『それぞれの花を大きく咲かせる』ことができたら…」と、感じたところです。

 そのためには、保護者の皆様、地域の皆様のご理解・ご協力が欠かせません。

本校職員一同、一丸となって、教育活動の充実に努める所存ですので、どうぞ、よろしくお願いいたします。